ゼニカルは食事を我慢することなくダイエットができる

好きな物を好きなだけ食べても太らない、そんな夢のようなダイエット薬があれば誰でも一度は試してみたいものですが、只無理に食事を我慢しないでもダイエットできる薬は現在処方薬としても存在します。
それらは主に肥満改善薬や糖尿病治療薬として実際の医療現場でも使用されているもので、その代表格としてはゼニカルとグルコバイが挙げられます。
ゼニカルは日本では認可を得ていないものの肥満治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬局)等で認可を得た世界で広く使用されているいる処方薬で、脂質の吸収を阻害する働きがあります。
一方、グルコバイは糖尿病治療薬で日本でも厚生労働省より認可を得ており、医療現場でも2型糖尿病の治療に用いられ、糖分の消化吸収を遅らせることで食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きがあります。
そこで、これらの薬がどう食事を我慢しないでダイエットできる方法に繋がるのかというと、これにはそれぞれの主成分のメカニズムを理解する必要があります。
まずゼニカルではオルリスタットが主成分になっており、これには脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを阻害する為、食事等から摂取した脂肪分を腸内で吸収されることなくそのまま便とともに体外に排出します。
但し、その排出率は摂取した脂肪分全体の30%程度です。
一方で、グルコバイはアルカボースを主成分とし、これには炭水化物など糖分をブドウ糖に分解する酵素αグルコシターゼの働きを阻害することで糖分の吸収が穏やかになります。
これらのことから、ゼニカルは脂質の多い食事を好まれる方にはその摂取した30%をカットすることができ、グルコバイは炭水化物を好まれる方は摂取した糖分が徐々に吸収されるため腹持ちが良くなります。